金持ち父さんの6つの教え | キャッシュフローゲーム・金持ち父さん・大阪・朝活

金持ち父さんの6つの教えとは?

 

金持ち父さん貧乏父さんrichdadpoordad2

ロバート・キヨサキ氏の著書
「金持ち父さん 貧乏父さん」

 

これはお金について原理原則を学ぶための基本図書です。

 

学校では教えてくれないお金と資産について、
本の考え方の概要をご紹介していきます。

 

 

金持ち父さんの6つの教え

第一の教え : 金持ちはお金のために働かない
第二の教え : お金の流れの読み方を学ぶ
第三の教え : 自分のビジネスを持つ
第四の教え : 会社を作って節税する
第五の教え : 金持ちはお金を作り出す
第六の教え : お金のためではなく学ぶために働く

第一の教え : 金持ちはお金のために働かない

貧乏父さん

「一生懸命勉強していい成績をとって、
 福利厚生の充実した大会社で安定した仕事を見つけられるようになれ。」

 

金持ち父さん

「学校はお金のために働く方法を学ぶところだ。
 学校でお金について習う機会はない。
 お金がどのようにして働くかを学び、
 お金を自分のために働かせることができるようになれ。」

 

金持ち父さんと貧乏父さんを分ける決定的な考え方

 

中流以下の人間はお金のために働く
金持ちは自分のためにお金を働かせる

 

 

金持ちと中流以下の人間は考え方の違いによって分かれる。
その違いは恐怖と無知によって生じる。
お金がなかったらどうしようという恐怖と、
お金について学ぶこともなく、お金について知らない無知から生じる。

 

中流以下の人間は、お金がなかったらどうしようという恐怖を感じ、
お金が恐怖をやわらげてくれることを願いながら、
恐怖を感じるから仕事に行く。
その時々の感情によって動いている。感情に動かされている。

 

金持ちはその時々の感情、お金がなくなる恐怖や、
あれこれ買いたいという欲望に動かされることなく、
頭を使って、長期的にもっといい方法はないのだろうか?
と自問し、考える事ができる。

 

恐怖と無知が貧乏の原因だ。

 

お金がないことに対する恐怖とお金に対する無知に振り回されている。
だから毎朝ベッドから飛び出してお金のために働きに行く。

 

そこから抜け出す為には感情に支配されずに頭でものを考える。
頭を使ってお金を生み出す。

 

お金を作る為のチャンスを見つけ、お金を自分のために働かせる。

第二の教え : お金の流れの読み方を学ぶ

金持ちになる為には、お金について勉強しなければならない

 

金持ち父さんは言う。金持ちになる為にまずは次の事を勉強する必要があると。

 

金持ちは資産を手に入れる。
中流以下の人達は負債を手に入れ資産だと思い込む。

 

資産と負債の違いを知らないこと。これが多くの人がお金に困っている最大の要因だ。

 

資産は私のポケットにお金を入れてくれる
負債は私のポケットからお金をとっていく

 

 

これを金持ち父さんはシンプルな図で教えてくれた。

 

上の横長の箱が損益計算書。収入と支出が記録される。
下の縦長の箱が貸借対照表。資産と負債が記録される。
資産と負債のお金の流れは図のようになる。

 

PLBS

 

 

そして、金持ち父さんの財務諸表、貧乏父さんの財務諸表は次の図のようになる。
だから、金持ちはますます金持ちになる。中流以下の人はいつもお金に困っている。

 

財務諸表

 

 

こうした中、会社に勤めていて持ち家を持っている人が働いている場合、
持ち家はその人のポケットからお金を取っていくので負債であり、
それは他人のために、政府のために、銀行のために働いていることを意味する。

 

金持ちは資産を買う。だから、ますます金持ちになる。
貧乏人の家計は支出ばかり。中流の人間は資産と思って負債を買う。
まずは資産と負債の違いを知る。資産を手に入れる事に集中する。

第三の教え : 自分のビジネスを持つ

本当のビジネスとは

 

マクドナルドの創始者であるレイ・クロクは話す。

 

「ハンバーガーの販売がこの会社の基盤だが、
本当はこのビジネスを通して手に入れる不動産が本当のビジネスだ。」

 

マクドナルドのフランチャイズ権を買った人は、
レイ・クロクの会社が出店する為の土地を代わりに買っているのと同じだ。
店舗にとってお店の立地条件は成功を決める重要な要因であり、
マクドナルドは世界各国で最も地価相場の高い交差点の土地を複数所有している。

 

自分のビジネスを持つ意味

 

今の学校教育はいい成績をとって、
安定した仕事に就くための準備をさせることに焦点を合わせている。
そのレールに乗ったまま就職した人は会社からもらう給料、
損益計算書の収入の欄を中心に展開される。
そして他人のビジネスのために働く。
給料はその人の経済的安定には少しも役に立たない。

 

経済的な安定のためには自分のビジネスを持つことが必要だ

 

ビジネスという資産を持つことで、損益計算書の収入ではなく、資産を中心に展開される。

 

財務諸表

 

 

自分のビジネスを持つことを考え始めることが大切

 

昼間の仕事をそのまま続けながら、利益を生む本当の資産に向けて行動する。

 

本当の資産とは、自分がその場にいなくても収入を生み出すビジネスのことを指す。

 

株、債権、投資信託、不動産、ビジネス、手形、
借用証書、音楽や本の著作権、特許権、その他収入を生み出すもの。
その資産を売買したり、扱う中で、あなたのファイナンシャル・リテラシーが高まる。

 

自分のビジネスを持つ。

 

これは本当の意味での資産を増やし、それを維持する事を意味している。
資産が増え、キャッシュフローが増えてくればぜいたく品を買うこともできる。

 

金持ちはまず資産を築く。そのあとで資産からの収入でぜいたく品を買う。
中流以下の人は給与と財産を使ってぜいたく品を買う。金持ちは最後にする。
多くの人が新車やぜいたく品を衝動買いしてしまう。

第四の教え : 会社を作って節税する

個人ではできないこと

 

税金は大切だが、仕組みや法律を理解する事で、
言われるがままに政府に払うのか、節税をするのかを選ぶことができる。

 

個人ではできないが会社ならできるという事はたくさんある。
会社をもつと税金を払う前にお金を使う事ができる。

 

会社を持っている金持ちは、稼ぐ→お金を使う→税金を払う。
会社のために働いている人々は、稼ぐ→税金を払う→お金を使う。

 

仕組みを知って会社を活用すること

 

お金持ちは、常に考える事でその時々のルールに合わせた最善の方法を見つけ出す。
一方、中流以下の人は言われるがまま税金を払う。

 

税金のシステム、法律、仕組みを知る必要がある。
つまりは、ファイナンシャル・インテリジェンスを高める必要がある。

 

ファイナンシャル・インテリジェンスとは

 

会計力 : ファイナンシャル・リテラシー。損益計算書や貸借対照表を理解できる能力
投資力 : お金がお金を作る、為に戦略と戦術を考える力
市場の理解力 : 市場の動向を見て、投資するタイミングを判断できる感覚
法律力 : 会計、投資、市場に関する専門知識

 

第五の教え : 金持ちはお金を作り出す

変化の時代を生きる

 

多くの人が恐怖と無知で行動する事ができないでいる。
金持ちになる為の行動が不可欠な中、頭がいい人よりも、
度胸のある人の方が成功への道を進んでいく。

 

金持ちは変化を歓迎する。
中流以下の人は変化に抵抗する。
変化を受け入れられない古い考え方は最大の負債だ。

 

ファイナンシャル・インテリジェンスは選択肢

 

金持ちはまず学び、それを実践して勝ち負けの中からまた学び、
ファイナンシャル・インテリジェンスを高めている。

 

中流以下の人は学ぶための時間を取ろうとしない。
ファイナンシャル・インテリジェンスは難しいことではなく、
より多くの選択肢を考え出し、解決法を思いつくか、選択肢を数多く持つ事。
こうした頭脳と資産の力を利用することでより速くお金を作り出す事ができる。

 

間違えることは悪いこと?

 

選択肢を見つける力でリスクをうまく乗り越え、チャンスを見つけ、資金をうまく集めて、
有利になるように取引をし、お金を作り出していく。
賢くなればなるほど、リスクを跳ね飛ばして勝利を手にするチャンスは増える。

 

大きなチャンスは目に見えない。
たいていの人はお金に関する訓練を受けていない為、目の前のチャンスを見逃してしまう。

 

学校では間違えるのは悪いことだと教えられ、罰を受ける。
実際には、人間は間違える事で学ぶ。
歩く事、自転車に乗ることも同じであり、転ぶことで学んでいく。

 

失敗は成功へのプロセスの一部。失敗を避ける人は成功も避けている。

 

投資家は二種類

 

世の中には二種類の投資家がいる。

 

一つは、あらかじめパッケージ化された投資を買う人たち
もう一つは、投資を自分で作り出す人たち

 

プロの投資家になる為に必要な三つの技術。

 

他の人が見過ごすチャンスを見つける技術 : 目に見えないことを頭で見る
資金を集める技術 : 銀行だけでなく、何通りもの方法がある
頭のいい人間を集めて組織する技術 : 自分より賢い人間と仕事をするか、雇う

 

最大の財産は知っている事、最大のリスクは知らないでいる事。
リスクはつきもの、避けるよりもうまく乗り越える方法を学ぶことが大切。 
できるかできないかではなく、何を知っているか、どう活用するか、学ぶことが大切。

第六の教え : お金のためではなく学ぶために働く

学ぶことがすべて

 

貧乏父さんにとっては安定した仕事に就く事がすべて。
金持ち父さんにとっては学ぶことがすべてだった。

 

貧乏父さんは安定した仕事につき、専門化することを勧めた。
学校や仕事では専門化が一般的となっている。
もっと稼ぎたい、昇進したいと思ったら専門を持つ必要があるという考えになる。

 

金持ち父さんは広く浅く知ることを勧めた。
会計やマーケティングなど、様々な分野を複数の会社で仕事して少しずつ学んだ。

 

特定の専門を選ぶ前に、ラットレースにはまる前に、将来を見渡しながら、
自分はどんな技術を習得したいと思っているかじっくりと考える事が大事。
例えば、セールスの技術の習得を通して、成功の足を引っ張る要因の一つである、
失敗と拒否に対する恐怖心を克服する事ができる。

 

コミュニケーション能力が成功には必要不可欠

 

専門的な仕事をするなら組合に入る。
技術は産業から産業へ使いまわしできる物ではない。

 

金持ち父さんは浅く広く知識を増やすようにと言った。
また、自分より頭のいい人間と仕事をし、
そういう人達を一つのチームとして働かせるようにと言った。

 

技術で最も大事なのはセールスとマーケティング、つまり、売る能力だ。

 

人と意思を疎通させる能力、コミュニケーション能力が人生で成功する為に必要不可欠。

 

この能力の習得が難しいと思われる大きな理由が、
拒否されることに対する恐怖だ。
この恐怖心をコントロールできればそれだけ人生が楽になる。
まず与えて、次にもらう。

 

お金を与える事は富を維持する秘訣である。

重要なお金の法則だ。

 

 

次は、金持ち父さんが勧める実践のための3つの教えとは?

 

 

※ロバート・キヨサキ著「金持ち父さん貧乏父さん」から引用させて頂きました。


トップページ セミナー情報 キャッシュフローゲーム情報 朝活情報 金持ち父さん情報